漢方薬関節神経痛

雲南白薬

(国家金賞)
中国漢方三大名薬の一つ

雲南白薬は最も有名な止血と活血の漢方薬です。
主成分である田七人参は、止血、化膿止め、鎮痛効果があり、古くからケガなどの外傷性出血を止めるのに用いられています。女性には、生理不正出血に効果が優れている。
活血の面においては、肝臓病、動脈硬化、脳出血後遺症などの補助治療薬として用いられています。世界有名の肝臓病治療薬「片仔廣」の成分の85%が田七人参です。
最近の研究で、主成分の田七人参はがんの治療にも効果があると判明されています。






【主成分】
田七人参など。

【効能】
化瘉止血、活血止痛、解毒消腫。
生理出血が多い産後頡血、不正出血。
打撲、吐血、咳血、便血、痔血、胃出血・十二指腸潰瘍など。
肝臓病、動脈硬化、脳出血後遺症の補助治療用。

【包装】
カプセルタイプ
カプセル 0.25g×16粒入/箱

【用法用量】
1回1~2粒を一日4回、食事後30分後と寝る前に白湯で服用。

生理時、出血しているときに白湯で服用。
子供の服用量について、2歳~5歳の場合は大人の1/4の服用量。6歳~12歳の場合は大人の1/2の服用量。

【注意事項】
妊婦は使用しないでください。

製造先:雲南白薬集団(グルプ)股分有限公司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です